CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
<< 機械式時計に関するちょぉ個人的覚書 其ノ弐 "Sence Of Wouder" | main | Time Is On My Side >>
実用時計主義者

私にとっての「実用腕時計」とは次の5要素を満たしたモノである。

1 正確
2 軽量
3 低価格
4 堅強
5 見易さ

1 正確さを求めるなら前にも書いたとおり電波修正式か年差クォーツになる。年差クォーツ搭載モデルは現行ではシックなデザインで比較的高額なもばかりになってしまうので、電波修正式がメインとなる。一番の理想は基本のクォーツ精度が年差の電波時計なんだけど、作ってくれないよねー。
2. ホントは何も付けない状態が望ましいので、ベルト込みで100g以内が許容できる範囲。
3. 実売価格五桁の真ん中くらいが上限。不足の事態で壊れても心までは毀れてしまわない額が私の場合こんくらいまでなのだ。
4. 象が踏んでも百人乗ってもってほどの頑丈さは求めていない。運動用なら樹脂製、それ以外なら軽量でもあるチタン製がいい。風防もサファイヤ製なら傷つき難いので云うこと無し。防水は泳ぐわけではないので10bar生活防水くらいあれば合格。
5. 3針かデジタルのとにかくシンプルで見やすい文字盤構成が良い。多針や反転液晶なんかは見た目はかっこはいいんだけどね。


実売が高くても六桁の初め位までの価格の電波時計or年差時計を十数年くらいのサイクルで買い換えていく、というのが私を含めた現代の日本で生活するぱんぴーに適した現実的な実用腕時計との付き合いようではなかろうか。むろん、もっと長持ちしてくれるにこしたことはないけど、工業製品の出来のばらつきを考慮したうえでの最低目標値である。使い捨ての消耗品としてではなく、大事にしつつも壊れたら交換する耐久品としての腕時計という認識で私は「実用腕時計」を考えている。人によって「実用」の内容が異なれば選ばれる「実用腕時計」も変わっていくはずなので、皆さんの「実用腕時計」選びの参考の足しにでもなれば幸いである。なんちて



あと10年もするとGPS修正時計も小型化低価格化してるだろうし、スマートウォッチも進化してるだろうし、その両方のいいとこ取りしたものとか、アナログ表示のWiFi-NTP修正腕時計なんかもでたり、流星号を呼んで時間を止められたりと、実用腕時計のスタイルも変わっていくだろう。

そんな実用腕時計の未来も又、楽しみでしょうがない実用時計主義者のひぃ〜なのであった。。。

| WATCH | 00:37 | - |